Preview Mode Links will not work in preview mode

Love the World! Podcast


アーティスト&NPO法人The Global Families副理事のルミコ・ハーモニーと、カップル&ファミリー専門コーチの塚越悦子が、恋愛・結婚・海外生活・多文化多言語教育・ファミリーライフなどをテーマにおしゃべりするポッドキャスト番組です。

Jan 28, 2020

フィンランド在住ジャーナリストの靴家さちこさんに登場して頂きます。日本のフィンランド大使館での靴家さちこさんの講演会でご挨拶させて頂き、日本でのルミコハーモニーのフィンランド旅報告会トークイベントに、フィンランドと中継してさちこさんに登場して頂いた経緯があります。

そもそもフィンランドに移住って?

幼少時代タイのデイケアでのびのびと楽しく過ごせたことを糧に、いつかは海外へと思い試行錯誤。まずは高校時代にアメリカへ留学。ホームステイ先はカナダに近い寒い州。英語力がついたくらいと思っていたけれど、何度目かの転職面接でNOKIAを受けた際に、寒さに強いということで、採用の一因になったかも?!

そんなフィンランドだからではなく選んだNOKIA内ではフィンランド語も飛び交ったりし、一言も聞いた事のない言語の世界に来てしまったぞという気持ちもなくはなかったそうです。また一通り日本人以外の方との交際も経て、日本人パートナーと海外に住むのがバランスが取れているかもと思い始めていた矢先。社内でお互い上手いタイミングでつきあうことになり、結婚に至ったそうです。長男が6ヶ月ベイビーの頃、フィンランドへ移住することに。

お子さんを育てる中で、ネウボラに相談したら、家庭内英語で話すのではなく、親がそれぞれ母国語を話すべきと言う事で、公に子どもとは日本語で話すようになったそう(日本だと、多言語だと混乱するから、先ずは日本語をしっかりしてからと、英語が出来ない方から指導されてしまうので、その違いにフィンランドさすがと思いました)

子どもの言葉の遅れを相談し、通常だと1歳半くらいで保育園(パイヴァコティ)へ行くところ、3歳を過ぎて満を持して保育園に通い始めた歳に、必要との判断で息子専用にスタッフがついてくれたそうです。その第二のお母さんとも言えるスタッフの子どもをしっかり理解しながら引き出していることに感動し、さちこさんも来た時にはほとんどフィンランド語ができなかったのに、時を経てフィンランド語で保育士の免許取得まで実現しました。

今回のキーワードは、ネウボラ(母親の妊娠期から子供の小学校入学まで、担当の保健師が子育てに関するあらゆる相談にワンストップで応じる仕組み。フィンランド語で助言の場という意)です。日本でもフィンランド教育とともに着目され、ネウボラを取り入れる区や市町村もちらほら登場しています。

皆さんからの声を取り入れて進化していくポッドキャスト番組です!ぜひFacebookグループに参加して、コメント&ご質問などいただければ嬉しいです。こちらをクリック→ エツコ&ルミコのLove the World! Facebookグループ

 

*私たちはこんなところで情報発信をしています!

ルミコハーモニー:ウェブサイト Facebook インスタグラム

塚越悦子:My Peaceful Familyウェブサイト  ツイッター  「異性の心を上手に透視する方法」公式ブログ 著書「国際結婚一年生」 ラブ&マリッジ公式LINE@ ラブ&マリッジLINEブログ Facebook(お友達申請の際はメッセージ頂けるとスムーズです!)